いんでぃばいばる

日記と絵と小説かきます。コメントくれたら全部返信します。

小説

またまた久しぶりに

しばらくブログ更新してなかったー というわけで短いお話2つ書いて投稿したよ。 励みになるんで感想もらえるとありがたいです。

雨漏り

「ポツリ」という音とともに首に冷たさを感じた。どうやら首に落ちた液体は天井から滴っているようだった。妙だったのは今自分がいる場所は複合マンションの一階で、雨漏りなどするはずもなかったことだった。しかし正体がわからないにしてもこのままにして…

嘘つきの契約

平日の朝、ふと窓の外を見るとそこには出勤や通学で賑わう人の群れがあった。A氏も仕事に行かなくてはならない。しかしそんなことはどうでもよかった。いや、そう思えるような問題がA氏に起こっていた。それは目の前にいる死神と、その死神が持つ1枚の契約書…